■プロフィール■

ウェンディ君

Author:ウェンディ君
ぶろぐ!

 
■最近の記事■
 
■月別アーカイブ■
 
■カテゴリー■
 
■最近のコメント■
■リンク■

このブログをリンクに追加する

 
■ブログ内検索■

 
■ブロとも申請フォーム■
 
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
  男たちの戦い
            い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|         
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|     
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!  
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

-------------------------------ここから本編------------------------------------

今日俺は普段通りバイトをしていたんだ、いつもは日曜にバイトなんて無いんだがシフトが変わったせいで俺は日曜にバイトをするはめになった、しかしそんなことはどうでもいい。

これから起こる悪夢に比べればな・・・

まず俺は風邪をひいていた前日39度と言う高熱だ、だが今年はヤケに体温が高い松岡修造病なのかもしれない・・・

それでいつも通りに冷蔵庫に入ったんだ、風邪ひいてる身体にはきつかったけどここは楽だしケータイが使えるから好きだった。

そこでキャスター付きの台に乗ってカットバックドロップ!とかやってたのはまた別の話だ・・・

そして冷蔵庫が終わりレジに付く、買い物客をどんどん流して2時間が過ぎた。

8時半になったのでそろそろ掃除をしようと思い掃除にはいる、そこで気づいたんだ

エロ本読んでる客がいる!!

まあ、大文字にしたんだがぶっちゃけそんなに珍しいことじゃない、みんなエロ本の立ち読みくらいはするんだ

俺はいつも通りにどうせここで満足して家で思い出して抜くんだろ。 と思いながら掃除を終えた

掃除を終えレジについたのは9時を少し回った頃だった。

まだあの男はエロ本を読んでいる、どれだけ溜まってるんだ!

そして5分ほど客を流す、この時の俺はまだあんな恐ろしい出来事が起こるとは思ってもいなかった・・・

そして、ついにその時が来た。

それは俺がゼリーを買った若い女を流した後だった、店内に客は二人・・・

なんと、例の男が本を持ってレジに向かっている!

ヤンマガだよな?ヤンマガだよなおい

俺は正直焦っていた、バイトを始めてから一度もエロ本を買いに来た客がいなかったからだ。

ふたりエッチを買っていった中学生らしき人物はいたがエロ本は初めてだった。

俺が焦ってるうちに客は向かってくる、この時の俺の脳は今までの人生で一番フル回転していた。

どうする。。。

な、何か武器は無いのか!!?
アムロ

客がついに目前までやってきた、商品を出してくるっっ!!!!!


ピ、ピーナッツだと!!!!!!!!

なんとその男は本の上にピーナッツを重ねて持ってきた!

うまい!これなら表紙の端っこ辺りしか見えない、じっくり見られたらばれるかもしれないが俺以外にそんなやつはいねえ!

客と俺との視線が重なった。

ちなみに前の客が去ってからまだ5秒ほどしかたっていない、俺の体感時間はこれ以上無いくらいに圧縮されていた

そして俺は気づいた、気づくまでの時間は0コンマ3秒ほどだろう、本と言うもののバーコードは裏にあるのだ。

当然本を裏返さなければならない、つまりピーナッツをどかさなければならないということだ。

俺はこのミッションを乗り切る方法を思案した。

しかし迷っている時間は0に等しい、早くしないともう一人の客がやってきかねない・・・

どうする・・・・どうする!!!!!!

みよし




来週へ続く

スポンサーサイト
リアル | 23:37:34 | コメント(6通)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。