■プロフィール■

ウェンディ君

Author:ウェンディ君
ぶろぐ!

 
■最近の記事■
 
■月別アーカイブ■
 
■カテゴリー■
 
■最近のコメント■
■リンク■

このブログをリンクに追加する

 
■ブログ内検索■

 
■ブロとも申請フォーム■
 
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
  男たちの戦い~終章
                      前回までのあらすじ

レジを打つ俺、エロ本を買う客、乗せられたピーナッツ それぞれの思いが今ここに集う!



俺は本に乗せられたピーナッツを掻い潜り裏にあるバーコードをピッっとする方法を考えている。

ピーナッツを乗せたのは表紙を見られないようにするためだ、つまりピーナッツと本を一緒に持って裏返せばいいのでは無いか!

そう思いおれは手を伸ばす、しかし俺の中の何かがその動きを止めた。

だめだっ!

俺は気づいた、ピーナッツにも裏にバーコードがあるのだ、つまりピーナッツを返さないと行けない

それはすなわちエロ本の表紙が曝け出される事であった。

なんたる愚考・・・俺は取り返しのつかない過ちを起こそうとしていた。

しかし既に手は伸びている、どうする!

ピーナッツとエロ本、二つのバーコードに苦しめられながら解決策を考える。

まず、ピーナッツを空ける、そして・・・

86871_18_d1_1.jpg

ポテチを取り・・・食べるッ!!!

そしてバーコードを読み取る。

だめだ、論外だ。。

客の商品を空けるなんてそんな危険な案は取れない・・・

俺が自分の案をダメだししてる最中ある変化に気づいた

片手が自分の頭に向かってきている・・・

そして周りの音が消えた。

世界が止まった様にも感じた。

そして俺は

9898.jpg

そして信じられない速度でピーナッツを浮かせ、エロ本を返す!!

この間わずか10000分の3秒


当然普通の人間に視認できる速さでは無かった。

そして俺はその速度のままレジを打つ、そのレジ打ちは

10740.jpg

後は商品を袋に入れておつりを渡すだけだ

しかしその刹那

俺と客の目があった

そして二人は本の方へ視線を降ろした。

そこで俺達は信じられない物を目にすることとなる・・・

人妻専門ハメ撮りサイト 人妻パラダイス♪

やられた・・・

バーコードのある本の裏側に人妻パラダイスの広告など思いつきもしなかった。

だが!!!

まだだ、まだ終わらんよ!

いくら裏に人妻ハメ撮りサイトの広告があったとは言えそれを見たのはまだ二人

つまりこの本をすぐに袋に入れるだけで無事にこのミッションを乗り切れると言うことだ。

最大の難関であるバーコードは二重三重の策を張って俺達を苦しめた。

だが、それもエロ本を見る立場の第三者がいて初めて成立する話!

今この店には6人の人間がいる。

一人は俺、もう一人はエロ本の購入者だ

では後4人は誰なのか、これを考えれば現在置かれている状況がそれほど危機に迫っているとは言えないのではないか!!

何故なら4人のうちの3人は店員なのである、店長とその奥さん、そしてもう一人のバイト!

店長は・・恐らく冷蔵庫だろう、奥さんは事務所でパソコンを扱っている

そしてもう一人のバイトは金庫のお金を数えている、つまり3人はレジとは遠い所にいる!!

ではもう一人はどうか、それはもう一人の客だ。

距離的には一番レジの近くにいると言ってもいいだろう

しかし、ヤツはアイスを見ている!

アイスコーナーはレジから見て2時の方向だ

そして出口はすぐ左にある。

つまり!!ヤツは出口と反対側に立っているのだ。

再び俺と客の目が合う

193.jpg

もうアイスを見ている客(以下アイスマンとする)に人妻パラダイスを見られることは無い。

俺は袋を取り商品を入れておつりを渡して終了だ。

客のほうはと言うと商品をおつりを受け取り帰路について家に帰りゆっくりとエロ本を愛でる。

完璧だ!俺達は勝利を確信した。

俺は安堵し、膝の前にある袋を取るために頭を下げた。

「すいません~、さっきのレシートくだs・・」


!!?!??!??

誰だ!?!?俺達は全ての敵をやり過ごしたはずだ。

ありえないありえないありえない・・・

そんなことあるわけないだろ、ハハッ

そうだ、アイスマンと店員は全て干渉範囲外にいる。

誰も俺達の近くには寄れない、ありえない。

しかし、そう思う心とは裏腹に袋を持つ俺の手は震えていた・・・(レシートを下さい・・・?)

俺は心の中で否定を重ねながらも顔をあげた。

そこにいたのはレシート入れに手を伸ばしながら人妻パラダイスを見て動揺しているさっきのゼリー女だった・・・

男たちの戦いは敗北と言う形で、終わった



オレ達の敗因は認識不足
    想像の限界を超えた怪物の存在……

一流のハンターになるべく生まれたやつのスキルを目の当たりにした…

 高速道路を100㎞/hで走っていたオレ達を奴は 300km/hで楽々追い抜いていった…

                                そんな感じさ

このレジ打ちのオレ達の努力は…

奴に してみれば
何も していなかったも
同然だったって
わけだ

          エロ本の 
           レジ打ちは今年限りにするよ
       

そんなバイトが 
 多いはずだぜ

今年はな・・・





続きを読む >>
スポンサーサイト
リアル | 04:40:09 | コメント(1通)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。